「コツコツ発信し続ければ仕事に繋げられる」と確信出来ました。

こんにちは!
TWO BOTTLES の和孝です!

本日はフリーランスの仕事の取り方の一つ、ネット上での発信について実感したことをご紹介いたします。

晴れてフリーランスになった方にとって「ネット上での発信力が重要」というのは、何度か目にしているのではないでしょうか。

なかなかコメントがつかない日々、フォロワーも増えない。最初はそんな毎日ですよね。
これを書いてる現在の私も、発信力なんてまだ全然ありません。

でもね、見てくれている方は見てくれているんです。

今日はそれを猛烈に実感出来たので、記事にしたいと思います。

【CONTENT】
● 投稿するも、反応がもらえず落ち込む日々
● 発信の仕方を工夫すれば、見てくれる人は必ずいる
● 諦めずに常に仕掛けていく姿勢が大事

投稿するも、反応がもらえず落ち込む日々

前の会社の最終出勤日から1ヶ月半。フリーランスになってからはまだ1ヶ月未満。
インスタで自主作品を投稿したり、Lancers等のクラウドソーシングでポートフォリオに連日まとめたり、自分でデザインサービスを作って出店したりしていました。

ですがそんな短期間で効果がでるわけありません。
イイね!は徐々に貰えるようになってきてはいましたが、コメントなんてほとんど無し。

日々やり方を模索して行ってはいましたが、反応がもらえずモチベーションが下がってきていました。

そんな時、クラウドソーシングに1通のメールが。。。。

「お仕事の直接依頼」

ま、まさかの!え、マジですか!

こんな短期間でやる気消失していたダメ人間な私ですが、まさかのご依頼を頂けたのです。

発信の仕方を工夫すれば、見てくれる人は必ずいる

インスタには ①設計もかねた現実的なプロダクト作品 ②コンセプト重視のデザイン作品
上記2種類を投稿していました。

①では3DCGと図面まで書いた作品を、クラウドソーシングでサービス出店もかねて紹介していたのです。

だんだん数が溜まってきたことで、多少なりともデザインと設計が出来る人のように見えてきたのだと思います。

それを閲覧してくださった方が、ちょうど設計もかねて仕事をしてくれる人を探していたらしく、ニーズにマッチしたとのことでした。

フォロワー30人代、加えてあまりコンペが好きではないので販売実績も無い私にとっては、とても衝撃的かつ嬉しかったのです。

やみくもに投稿するのではなく仕事が出来る人に見られたいという思いから、図面も投稿してきましたが、それが功を成したのでしょうか。

いずれにしろ、「コツコツ発信し続けること」「工夫しだいで響く人には響く」の2つを実感できた瞬間でした。

諦めずに常に仕掛けていく姿勢が大事

まだ頂け始めたばかりなので、あまり偉そうに語れませんがこれに尽きると思います。

特にクリエイターなら尚更。

アイディアを出すことが仕事な私たちにとって、日々投稿したものをどう生かすか、よりよくするためにはどうすればいいか。

走りながら日々改善していくのは、絶え間無いアイディア出しと一緒です。
この姿勢は、日々のものづくりにも必ず生きてくるはず。

すぐ落ち込んでしまう自分にとっての自戒もこめて、これからも頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。